FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナモブッダ

n2.jpg


ヒマラヤ山脈を臨む国ネパールにはお釈迦様が生まれたルンビニなどすばらしい仏教の聖地が数多くあります。

カトマンドゥ盆地から2,3時間ほど郊外の山間にあるナモブッダの丘も現地ではたいへん有名な聖地の1つです。


n6.jpg
ネパール4大仏塔の1つ、ナモブッダのストゥーパ

n4.jpg
ナモブッダの丘の頂上にはためく”タルチョ”というチベットの祈りの旗



この聖地にはお釈迦様にまつわるこんな伝説があります。

ある時、お釈迦様は王様の3人兄弟の末っ子の王子マハーサットヴァとして生まれました。

マハーサットヴァは生まれつき優しい気持ちの子供でどんな生き物でも分け隔てなくかわいがりました。

ある時3人兄弟は森に遊びに出かけました。するとそこで出産を終えたばかりの衰弱しきった母虎に出会いました。

母虎は衰弱のあまり母乳を出すこともできず、母虎と5匹の子虎たちが死んでしまうのは時間の問題でした。

マハーサットヴァは虎の親子の哀れな姿に深く心を痛めました。

そして深い哀れみの心とともに、「わたしは他の生き物たちの役に立たないままずっとこの輪廻をさまよい続けてきた。だけどついに他の生きのもの役に立つチャンスがやってきたのだ。」と考えました。

そして母虎に自分の体を食べさせるため、そっと母虎の前に横になりました。しかし母虎は口を開けることもできないほどに弱っていました。


n3.jpg
              

そこでマハーサットヴァはとがった枝で自分の太ももを突きその血を母虎に舐めさせました。そして力をつけた母虎はマハーサットヴァを食べるためにゆっくり口を開けたのでした。

マハーサットヴァは自分の命より虎の親子を慈しみ、虎の親子の命を救うために自分の体を差し出したのです。

この哀れみの行いによってマハーサットヴァは一段高い世界へ生まれ変わりました。そして悟りへの道をさらに進み、やがて仏陀として生まれ変わることになったといいます。

このお話はネパールばかりでなく、法隆寺の国宝玉虫厨子の扉絵のモチーフとなっている捨身飼虎の故事として日本でも有名です。


n1.jpg


現在はナモブッダの丘の上にはチベット僧院が立ち並び、多くの敬虔な仏教徒たちが巡礼に訪れています。

仏教徒でなくとも、ナモブッダは天気のよい日に訪れると丘の上から遠くヒマラヤ山脈を望むことの出来る最高のハイキングスポットです。


Gallery HIMALAYAN ART 牧野






      
スポンサーサイト
Comment
Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。